読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベスパライフ

日記・備忘録。ベスパもってないです。

うどんの話

ほぼ毎回、コンビニでうどんを買うときはどん兵衛を買うのだが、当然ながら毎回どん兵衛だと飽きる。ある日、緑のたぬきが無性に食べたくなって4件のコンビニを回ってみたが、緑のたぬきはなかった。大体のコンビニはどん兵衛だけしか置いてないのだ。ちょっと前は赤いきつね緑のたぬきも置いてあった気がするのだが。よく行く近くのスーパーにも置いていなかった。緑のたぬきはどこに行ってしまったのか。

話変わって最近ローソンで「ごんぶと」なる商品が出た。これが生麺なのだが、美味しい。どうしてカップラーメンの生麺はすごいどうでもいいのに、カップうどんの生麺は美味しいのか。これがラーメンとうどんの差である。
生麺なので作リ方の工程が一手間増えている。うどんのパック開けて、カップに入れて、お湯入れてほぐして、お湯捨てて、もう一回お湯入れる。私はこのようなインスタント食品の分際で工程が多いものは大嫌いである。しかし美味しいから買っても良いと思えるのであった。

ところでうどんといえば香川県である。以前香川県でうどんを食べに行ったことがあるが、やはり美味しかった。自家で製麺も行なっているお店にいったのだが、非常に良かった。ただのきつねうどんがこんなに美味しいとはと感動したものである。しかも安い。一杯250円くらい。安くて美味しいとはこのことである。つゆが甘くておいしかった。麺もコシがあった。香川県でうどんを食べるなら、製麺所から直販売しているお店がおすすめだ。
そして面白いことに、香川県の学生は学校帰りにうどんを食うようだ。その店にも何人か学生が並んでいて気づいたのだ。私が学生の頃は学校帰りにラーメン屋に寄ることはあっても、うどん屋に寄ることはなかった。さすがうどん県といったところか。

うどんは安い。スーパーとかで30円くらいで売っている。家で作れば安上がりなのだが、作るのが面倒くさい。茹でるだけなのだが、その茹でる工程が嫌いなのだ。面倒くさいことはやりたくない。やりたくないことは極力やらない主義であるから、家でうどんは作らないのであった。あとうどんつゆを買うのももったいない。どうせ一回うどんを食べれば当分食べなくなるのに、そのためだけにうどんつゆを購入するのが嫌なのである。そばを食べたいと思ったときも同様のことを思う。

うどんは安いと言ったが、お店で食べるときはそうとは限らない。丸亀製麺的なところで食べようとすると、500円位はかかる。素うどんだとそんなにかからないが、かぼちゃの天ぷらとかイカ天とかのせちゃうからである。うどんと天ぷらは一緒に食べると美味しい。うどんになんで500円も払ってんだろうかとかちょっと考えちゃうけど、美味しいからまあいいやなのであった。

駅前の立ち食いとかだともっと高い。やはり素うどん300円くらいなのだが、天ぷらうどん、定食とかなってくると700円、800円くらいはとられちゃうのである。さすがにうどんでこんなに払わんわと思うが、以前食べた鴨肉の入ったうどんは美味しかった。鴨肉を食べたくてつい注文してしまっい800円位したが、満足であった。鴨肉は美味しい。どん兵衛でも鴨だしそばが一番好きである。

うどん美味しいよなあ、そんなことを思う今日このごろであった。